• w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2023 by Interiors Design . Proudly created with Wix.com
 

大高正人の建築

March 6, 2017

彼は、「メタボリズム・グループ」の建築家であり、都市計画家でもある。

彼は、1923年に福島県三春町に生まれる。
1936年に、福島県立福島中学校(旧制)を卒業して、1937年に、浦和高等学校理科(旧制)に入学した。

 

1944年に、繰り上げ卒業して、東京大学工学部建築学科に入学。
1947年に、東京大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院に進み、1949年に東京大学大学院を修了した。

1949年に、前川國男設計事務所に入所した。
1962年に独立して、大高建築設計事務所を設立した。
1965年に、岩手県花泉町の計画した「花泉農協会館」が完成した。この建物は、プレファブレーション化した建物であり、現在は「JAいわて南花泉支店」(下の写真)として使用されている。

 そして、近年「DOCOMOMO」に指定され、この建物が歴史的重要性をもつことになったために、竣工当時の空間に戻す等の改修工事を行う計画を検討し、そして、農協合併などによって不足する事務所スペースや地域交流の場のスーパー、新たにファーマーズマーケットなども増築する計画が検討されている。
1968年に、香川県坂出市に計画された「坂出人工土地」の第一期工事が完了した。

この「人工土地」は、四期に分けて進められ、第二期が1971年に、第三期の市民ホールが1974年に、第四期は1986年にそれぞれ完成している。

 この「坂出人口土地」も、第一期工事が完成してから50年近く経った現在、時代の変化に対応出来ずに、空き家が多くなって来ている。

大高正人の建築

Please reload

Featured Posts

コンクリート打ち放しの問題

March 11, 2014

1/4
Please reload

Recent Posts

March 6, 2017

March 6, 2017

March 6, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square