• w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2023 by Interiors Design . Proudly created with Wix.com
 

渡辺節の建築

March 6, 2017

今回は、近代日本の建築家であり、関西建築会の大御所でもあった「渡辺節の建築」を紹介します。

彼は、1884年に東京府麹町区(現在の東京都千代田区)に生まれた。旧制二高を卒業後、東京帝国大学工科大学建築学科進み、1908年に東京帝国大学工科大学建築学科を卒業した。
卒業後、韓国政府度支部に入り勤務するが、1912年に韓国政府度支部を辞めて、改めて鉄道院に入る。そして、第二代目京都駅(下の写真)などの設計に携わる。

 

1927年に横浜市中区に建てられたのが「旧日本綿花横浜支店」(下の写真)であるが、2010年まで、創造界隈の拠点施設「ZAIM」として使用されていたが、現在は使用されていない。

 建物のファサードは、入り口を中心にシンメトリーで、腰回りに大矢石を積み上げ、外壁をスクラッチタイル張りで仕上げられている。

渡辺節の建築

 

Please reload

Featured Posts

コンクリート打ち放しの問題

March 11, 2014

1/4
Please reload

Recent Posts

March 6, 2017

March 6, 2017

March 6, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square